いろいろずきん

e0003465_18413937.jpg


絵本や児童書が大好き
気に入ったものは購入してしまう
これも そんな中の一冊

精神科医である作者が 孫たちに
赤ずきんちゃんの話をすると
どうして青ずきんちゃんはいないの?
もっといろんなずきんがいるはず
と言われ書いた本

帯にも書いてあるが

大人からみた「いい子」が、思い切った行動
けなげな行動、迷った行動、迷い入った世界での行動
そういった体験を通して、自分を知り、大人を知って大人になってゆく
子どもによる「大人の発見」の本

黄色ずきん、白ずきん、ばら色ずきん、青ずきん、緑ずきんと
5つのお話からできている
いろいろずきんちゃんたちは経験を通して成長していく

ストレスいっぱいの大人が読むのもいいかもしれない
[PR]
by bluedaisyfelicia | 2005-07-22 18:59 | 本・鑑賞・建物